ピンセットサロン

ピンセットサロンは省略禁止です

【ピンこれ】Dumont 5 Carbon steel 学生の頃に初めて買った炭素鋼製ピンセット

【ピンセットこれくしょん】手持ちのピンセットを一本ずつ紹介していくシリーズ

第2回は学生の頃に初めて買ったピンセットです。

 

Dumont社製5型Carbon steel素材 テンション計測値105g

 ※テンション値は計測の仕方や個体によって差があります。参考程度のものです。

f:id:pincet_salon:20160929100019j:plain

 

 大学の学部1年生(いまから17年くらい前!)の頃に、当時は渋谷にあった志賀昆虫普及社で初めて買ったピンセットです。たしか4000円くらいして、まず値段に驚いた記憶があります。アルバイトのお給料が入った直後で気が大きくなっていたこともあって、迷わず購入しました。

 

 Dumont(デュモン)社はスイスのピンセットの老舗で、精密ピンセットの世界トップメーカーです。精密ピンセットは時計製造・修理に使われるものを、ほかの分野でも流用しているのが現状です。スイスの複数のメーカーはこの分野で他国の追随を許さない技術を保有し、日本のメーカーは残念ながら遠く及びません。とくにDumontは形状やそれぞれ特性のちがう素材をつかって多様なピンセットを作っています。

 

 この5番と呼ばれる形状は、保持部から細い先端部が伸びていて、ピンセットの中でも最も鋭い先端部をもっています。顕微鏡の下で行う作業などでは、このような形状のピンセットが視野を妨げることがなく、使いやすいのです。

 また、Carbon steel(炭素鋼)の素材は、日本刀と同じような焼き入れのなされた鋼のことで、非常に硬いのが特徴です。炭素鋼製のピンセットの先端は、ごく細く鋭く研ぎあげても掴む対象に負けて曲がりにくいので、昆虫学分野では顕微鏡下で行う解剖作業などで使われます。弱点は腐食しやすく、すぐに錆が出てしまうことです。また、磁気を帯びやすい(磁性が強い)ので、精密機械をいじる分野などでは敬遠されることがあります(形態観察を目的とした昆虫の解剖では磁性が問題になることはほとんどない)。

 人生で初めて自分のお金で買ったこのピンセットは、いまでも大切に使っています。少し短くなってきてしまい、適切な研ぎ方を知らない頃の使用歴が悔やまれます。

© 2016 NAGASHIMA, Seidai 本ブログに掲載された文章・画像等の著作権は特に断りのないかぎり著者にあります.無断転載・転用を禁じます.